プロフィール

軽石へちま

Author:軽石へちま
基本自キャラで凄まじく妄想してみる。
隠れ家なのでBLとか黒とか暗とか主。
キャラ崩壊必至。何とも思わないけども。
妄想についてこれる人だけどうぞ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

Re:light ④



 その剣をスルタンから賜ったのは、砂漠の国に戻り、改宗をした直後のことだった。まだ両腕が機能していた頃の話である。
 
『その剣を身に着けているといい。いざとなれば使えるし、両刃の剣よりこの国では力がある』
『はあ、そうなんですか』

 その剣は、今までケイが使っていたものと比べると、変わった形をしていた。まず、細身だ。そして、長い刃は途中で緩く湾曲している。最大の特徴は、その先端が割れていることだ。先割れの湾刀。使えないことはなさそうだが、慣れるまでには練習といくらかの実践が必要になりそうだった。今腰に下がっている、使い慣れた両刃の剣にそっと触れて、いよいよこれを手放す時が来たのだと、ほんの少し後ろ暗い思いを抱いたことを覚えている。
 そんなケイの思考を見透かしたかのように、スルタンは笑った。

『いや、いいんだ。手に馴染んだものを使えばいいさ。言ったろう、“身に着けているといい”と。使うのはそれしか手元にない最悪の場合だけで十分だ。もっとも、君の腕ならその湾刀だけでも十分力を発揮してくれるだろうが』
『いえ、そんなことは。……では、新たにこれを提げて歩けと?』
『そうだ。君を騎士として認め、育てた剣を捨てるというのはあまりに忍びないだろうしね。それがあれば、まだ君を快く思わん宮殿の連中も、市井も味方につくだろうよ』

 使い慣れた剣ほどではないが、こちらもやはり重みはある。刀そのものの重みというよりは、歴史や思念の詰まった重みだ。刀身と、鞘にも彫りでの装飾が施されている。もしかすると、実戦用ではなく儀礼用のものなのかもしれない。

『スルタン、これは儀礼用の剣では』
『ああ、ここしばらくは実戦で使うことはなかったよ。代々ボクらが持っていたものだからね。でもその剣は、いずれ実戦で使ってこそ真価を発揮する』

 傍らに置いたグラスを手に取ると、中の赤い葡萄酒をスルタンはくいっと一気に呷る。

『その剣はボクの“総意”だ。どう受け取ってくれても、どう使ってくれても構わない。折ってくれても失くしてくれても構いやしないよ、剣に気負う必要もない。信仰を変えてまでこの国に尽くそうという君の意思に、力ばかりあるその剣を託す。ボクが宮殿で持っていても仕方ないものだからね』

 この剣が宮殿に代々伝わる、国の人間ならまず知らない者はいない伝説の刀剣である、ということを知るのは、もう少し後のことであった。





 結局飲み明かして眠った記憶もなく意識がなくなったのはおそらく明け方ごろで、目を覚ますともう陽が高く昇っていた。俺も立場わかってないなあ、などと思いながら水場で顔を洗っていると、砂嵐が来る、と遅れてやってきたケレスが呟いた。
 ケレスが砂漠の天候をほぼ正確に予測できるという話は前に聞いたことがあったので、特別驚きはしなかったが、今空を見上げてもその兆候はまるで見られない。相変わらずの暑さ、からりと空気が乾いた快晴だ。外套をばさりと羽織りながら、ふうん、と今一度空を見上げる。ケイ自身、砂漠という場所について詳しいわけではない。こちらに来てもう短くはない時間が過ぎているが、ここで生き抜いてきた者の意見をさらりと流してしまうほど愚かであるつもりもなかった。

「時間までわかるの?」
「夕方から夜にかけてだろうな、今ここを出たらしばらく戻るのは難しい」
「そうか。……まあ、行かざるを得ないんだけどさ。君とヒロ君がぶつかるなんて不毛な戦闘は見たくないよ。後片付け面倒そうだし」

 欠伸をしながら大きく伸びをして、眠気を空に飛ばす。
 これから夕方となるとそう時間は多くない。問題はどこに向かうか、だ。

「見当はつけてんのか」

 近くの木に背を預けながら、伏し目がちにケレスが問いかければ、ケイは少し考えて、そうだなあ、と笑った。
 急いで宮殿を飛び出したはいいが、正直情報は少なすぎる。だからといって第二、第三の犠牲が出るのを待つわけにはいかない。
 
「大規模な殺戮は今回が初めてだったとすると、元は個人の快楽犯だったのかもしれない。今回のは城下からの馬車だったのもあるし、被害の規模も規模だったからね、情報の回りが早かった。これが、行商人ひとりが殺されただけ、って事件だと俺たちの耳にはなかなか入ってこない。場所によっては誰にも気づかれない場合もあるし、誰かが気づいて回収したとしても、役人でもなければわざわざ宮殿に情報を上げたりしないからな。ケレス君は、最近この辺で他殺体を見たことは?」
「特別意識して死体なんざ見るかよ」
「注意力散漫だといつか足元掬われるよ」
「そこまで落ちてねえ、馬鹿にすんな」

 結局、この砂漠ではケレスたちだけに留まらず、盗賊と呼ばれる連中が幅をきかせている。それが隠れ蓑になっているのだ。あの惨状を見るに単独犯とは考えられないから、集団で馬車を襲い、中の奴隷達を気の赴くまま殺している。そこに至る前に、その集団は個々が殺人なりそれに準じたことをこの砂漠でやっているはずなのだ。砂の海にどれだけ死体が増えたところで役人は動かない、やりたい放題できることがわかって、調子に乗っているといったところだろうか。ケイが宮殿を出たことで、表立った捜査は宮殿の方ではまだ何もしていないだろう。宮殿からの命がなければ、この近辺の町に常駐する役人も動かない。追っ手のない、この空白の時間で犯人は味をしめているだろう。となれば、都合のいい標的が現れれば近いうちに必ず行動を起こす。
 都合のいい標的が、高確率で出入りするであろう町。ケイはそこまで考えて、ちらりとケレスを見やった。視線に気づいたのか、ケレスもまた横目でケイを見て、息をつく。

「港町だろうな」
「そうだな、同感だ」

 宮殿のあるオアシスは最大規模だが、首都のど真ん中であるため、役人も多い。好んでそんなリスクを負うことは考えにくい。ならば、荷の出入り、人間の出入りも多い町。単にオアシスの町なら人間の出入りは多いだろうが、荷馬車を用いた出入りが激しいのはやはり港からのルートだろう。これが終わって宮殿に戻ったら早急に整備に取り掛かるべきだ。
 
「ここから港町まではどれくらいかかる?」
「一般的なルートをとれば半日だな。お前の腕なら多少縮まるだろうが、それでも今からじゃ嵐に捕まる」
「君がそう言うならそうなんだろうな。……それで、一般的じゃないルートを取ると、どうにか嵐に捕まらずに町まで着けると?」
「馬の力による。でかい砂丘を速度落とさずに越えられればその分早くは着く」
「あいつは俺とセルセラの山を越えてきたんだ、どうってことない」

 ラシードとフィンブルヴェトの国境にそびえる山脈。あの山々を共に越えてきたのだから、砂丘のひとつやふたつは脅威ではない。
 問題があるとすればケイの左腕が足りないことくらいだが、そんなものは今は問題ではないし、馬も問題と捉えてはいまい。
 外套のフードをかぶると、こもるような熱気に思わず苦笑した。

「悪いけどケレス君、案内役頼めないかな」
「対価がねえと話にならねえな」
「対価?」

 うーん、と顎に手を当て、数秒悩んだケイは顔を上げると悪びれずに極上の笑顔を見せた。

「君の右眼を守ってあげるよ」
「宿代と酒代、あとは馬の餌代と手間賃まとめて後で請求してやる」
「うわ俺の提案無視だな!?」
「持ってった奴に守られるなんて笑い話があるか」
「名案だと思ったんだけど」
「全力で甘いんだよてめえの思考回路は」

 そう言ってケレスは近くに掛けてあったマントを手に取るとその肩に掛け、歩き出した。迷わずにその背を追う。
 さあ、出立だ。
 本当は、まだ頭の中がまとまりきらないで蟠っている。どうしたいのか、どうすればいいのか。
 スルタンの“総意”に応える行動を、とれるのだろうか。
 使い慣れた両刃の剣と、その傍に携えた湾刀の鞘同士ががちゃりとぶつかって、音を立てた。





忍ちん0章が進まない件。


清浦ってきっとすごくケイさんのこと信頼してるんですよね、文字通り右腕くらいに思っててくれてもいい。
だから多分ケイさんにはすごく甘くて、何を咎めるつもりもないんだろうと思う。筋の通った奴だな、っていうのをわかっているから、その君がそう動くなら何か考えがあってのことだろう、って思ってくれてる。だからヒロがひとりで怒ってても清浦は別に心配じゃないんだ。ケイさんがどうにかするっていったら、どうにかなるって分かってるから。
でもやっぱりまだ宮殿の中にも外にも、異国からきたケイさんを快く思わない連中はいて、そういう連中も一時的に同じ方向を向かせるのはスルタンの仕事だと思ってるし、そのために目に見える形の権力をケイさんに与えてやる。
清浦のいう“総意”はそこまで含めて、悪い言い方すりゃ丸投げで好きなようにやれってことなんだけど、ケイさんがそこまで理解してるかというとそういうわけでもない。ケイさんのこと分かってる清浦に対して、ケイさんはまだ清浦を理解しきれてないよね。そういうの、いいよね!



だからやっぱりリベリオン記憶有りの転生設定がおいしくてですね……。
大学生の頃くらいに突然ぼんって全部思い出したアンドゥーが、教師の道を選んで一人暮らし始めて、ケレスさんだとかヒサさんに似た人が同じ職場にいて、ルカとかも生徒だし、でも何よりも自分が引っ越して隣に住んでる人がサオだってわかって、今度は絶対に間違えない、って心底決意してつかず離れずの関係でいる。現世では執政官なんかじゃないし、アンドゥー的には近くに紗央がいるから、どちらかというと騎士目線で生きてたりして。だから紗央とはくっつかないし、紗央はもやもやするし。


スポンサーサイト

2014.01.31(Fri) | rebellion | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://hechima1222.blog88.fc2.com/tb.php/1003-6f4631da
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。