プロフィール

軽石へちま

Author:軽石へちま
基本自キャラで凄まじく妄想してみる。
隠れ家なのでBLとか黒とか暗とか主。
キャラ崩壊必至。何とも思わないけども。
妄想についてこれる人だけどうぞ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

それは、

点呼どんが言ってたのはヤマトの人となりが関係してくると思います。
元々あそこの神話っていうのは神話らしい神話じゃなくて、単に神様が出てくるってだけの民話みたいなもんで、あの大変な気候を正当化する話にすぎないんですよ確か。
随分昔にあの土地で財を成したヤマトの先祖のおっさんか誰かが、あの特殊な気候に神様をひっつけて適当に話を作って、こんな土地で成功できたのは自分がその神の末裔だからって適当な論理をまた引っ張りだします。
だからまあ、あの豪雪っていう気候は神様の力が働いてるからとかじゃなくて、そもそもそういう気候であって、それに理由付けをしたおっさんがあそこを支配し始めたと。
それも大昔の話だから、真相を知ってるヤマトとかからすれば単なる下らない話しだし、国民の中には信じてるような人もいてもいいんだと思う。
しかしヤマトさんはどこの世界でもリアリストですから神様とか神話とか信じちゃいないんで。それでもここがそういう気候なのは事実だということと、そういう下らない話が今にまで伝わってるのも事実だってことを認識しているだけです。
で、もし反対するような輩がいても、残酷なご趣味をお持ちなのは遺伝のようですので、不穏分子はとっとと始末しちゃうんでしょう。今のヤマトの代は合議を取り入れたから、神話の正当性を巡ってヤマトを支配者として直接文句つけづらくなってるし。
ヤマトは文句つけられたとしても自分が支配者であるに足る才能と実力があると思ってるのでぶっちゃけた話別に神話とかの後ろ盾がなくてもどうにかなると思ってる。ので、全然違う信仰してる教会とかがあっても気に留めないと。でもヤマトより前の代がどうなのかはわからないから、創兵くんとか茂花ちゃんのいる教会は比較的新しいのかもしれない。
それと、自キャラで人増やせないので、教会には今は茂花ちゃんと創兵くんしかいないってことで! うわあい閑散としてる!
それに、あんな不便な気候の土地に新しく移住してくる人なんてまずいないっていうのもあるから気にしてないんじゃないかな。砂漠の方面から来るにしても河を渡らなきゃならないし、山脈は一応あれのせいで雪が降るっていうことになると思うので、雲が越えていけないほど高い山なんですよ。あの山を越えられた人はいないっていう設定です、今のところ。


まったく、点呼どんは妄想を促進させるような書き込み自重した方がいいよ!(何)
教会ネタ詰めたいから日曜是非会いたい。(笑)


あれですよね、キリスト教史とかやってるとそういう妄想できて楽しそうですよね。
政治学で古代国家の構造なんてやるから単に構造メインみたいになっちゃうんだよ。
あ、ヤマトさん多分しばらくしたら合議なんてやってられっかとか言って独裁敷くと思います。どうやってやるんだか知らんが奴ならやりかねない。
ツヅキ君を書こうとしたら単なる嫌味キャラみたいになって、「これは違う……!!」と思った次第です。アキちゃんとかシキ君(笑)とかアンドゥーとかもっと出したいなー。
(シキアキケイでログ読んで吹き出しました(独り言))


シンゴとケレスさんでひとつシリアスっぽいの欲しいな、と思ってて。
二人きりの方が都合がいいので、ルカとヒサさんが仙太郎さんのところに出かけて一晩泊まってくるみたいな日ってことにしようかなと。だから点呼どん書いて下さい(何)
いやまあ別にケレスさんと二人になれればいいだけだからどういう設定でも別に構わないんだけど。
言わせたい台詞あるなあと思ってたらやっぱり奴はケイスケぽくなった。しかしシンゴはケイスケほど強くないぞ。
剣を教わりたいとかじゃないんだけど、聞いてみたいことはある、みたいな。ただ私にケレスさんは荷が重過ぎるよ! 困ったな!(爽)

スポンサーサイト

2008.06.12(Thu) | しゃべり隊 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://hechima1222.blog88.fc2.com/tb.php/129-689e7ba0
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。