プロフィール

軽石へちま

Author:軽石へちま
基本自キャラで凄まじく妄想してみる。
隠れ家なのでBLとか黒とか暗とか主。
キャラ崩壊必至。何とも思わないけども。
妄想についてこれる人だけどうぞ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

だああああああああ


確か今日は樹理の誕生日!!!
ごめん、何か書こうと思ってたんだけど、さすがにルカ樹理は微妙だろ、ってことで樹理がまだ1歳とかの頃の話書いてたんだけど終わらなかった。
しかしあの流風さんが渡米してまだまだガキの女に手出すとは思わなんだ。
ここまでくるともうあれですね、自分のキャラと言えど知り合いくらいな気分ですね。えええ、子供いんの!? マジで!? みたいな。


年内に大和とルミの話完結させたかったけど無理っぽい。
勉強しろよ私。(笑)
明日どうしようかなあ。時間空いたらつまんないなー。
病院行ったのにまだ首痛いし……。痛み止めとか効いてないって絶対。(笑)


太平洋戦争のドラマは大変興味深かったです。2年前必死でレポート書いてたのを思い出しました。
しかしまあ、私は東條みたいな人がすごく好きです。天皇大好きっていうんじゃなくて、自分にできることをしっかり全うしようとする人、努力できる人、それでいて愚直なまでに真っ直ぐな人。
ラストらへんの阿部寛との掛け合いがすごく好きです。
確かに総辞職したら12月初頭の開戦はなかっただろうけど、天皇は他の誰でもなく自分に軍を統制しろと命じたのだから、その自分が軍を統一できずに内閣を投げ出すことはできないっていう、どこかで現状が正しくないことを知っていながら、それでも自分が自分のできる範囲で責務を果たそうとする姿勢ですか。大好きです。
あそこで東條が総辞職してたらどうなったのかな。開戦反対派の人が首相になったとしても軍を押さえるのは多分無理だったろうし、そういう人は首相になりたがらない気がする。
そもそも近衛が総辞職した時点で、首相なんてのを引き受ける大物は東條くらいなものだったんじゃなかろうか。天皇にすごい忠誠誓ってるし。
ハルノート研究したときに、対米交渉とハルノートによる直接の開戦原因ってよくわかんなかったんだけど、大きな枠で見るとどうなのかな。何かの本か何かで、それを言い出すとペリー来航まで遡ることになるって言ってた気がする。
しかし間違ってはいないと思う。ヨーロッパ政治史とか日本政治外交史とかの講義受けると、正しくなってわかっていつつも起こるべくして起こった戦争なのかな、とか思えてしまいます。
軍とか政治家はもちろん、国民にもかなり非はあると思ってます。あれこそ大衆。アホすぎる。けど、だからって一般民衆のせいかと言えばそうでもない。間違ってるって気付いてた国民だっていることだし。そういう人の意見を尊重してあげられるだけのシステムが整ってない時代だったんだろうなと思う。それは時代上仕方ないことなんだろうとも思う。
でもって、そういう意見を保護できるような、民主的な制度が徹底されていくのは皮肉にも戦後、っていう悪循環。大きなきっかけがなければ変われないのなら2度の大戦は回避不能だったと言っちゃえるのかもしれない。


もう眠いです、寝ます!!

スポンサーサイト

2008.12.25(Thu) | しゃべり隊 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://hechima1222.blog88.fc2.com/tb.php/264-6dc8b2a3
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。