プロフィール

軽石へちま

Author:軽石へちま
基本自キャラで凄まじく妄想してみる。
隠れ家なのでBLとか黒とか暗とか主。
キャラ崩壊必至。何とも思わないけども。
妄想についてこれる人だけどうぞ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

オールの成果 その2


流風から離れて大和。


どの世界でも大和ってルミに手出しませんな。馬鹿にされたってからかわれたって事実なので否定しません。それも大和なりの愛です。


ご近所の大和は本編の大和よりも自信家で強気で、両親も良い人なので、婚約話が持ち上がりそうな頃に「俺はあいつと結婚するから」って宣言してます。この時点ではもう付き合ってると。
両親も寧ろルミのが手綱とってくれそうで安心なんでしょう。だから椿との婚約話は実にならないで消えて、ということなので、大学入る前から既に大和とルミは婚約関係にあったりする。大和はルミと結婚するから、って婚約話を蹴ってるので、そうじゃなきゃ示しがつかない。
大和の気持ちは絶対変わらないので、それでも指輪あげなかったり手を出したりしないのは、全部ルミのこれからを考慮してのことだろうなと。
自分がルミを好きでいることには自信あるけど、自分が一番の男であるという妙な自信は持ってない。他にルミに合う男もきっといるんだろうとか思って、万が一ルミが別れたいって言い出したときに枷にならないように、指輪もあげないし手も出さない。
思考が女々しいのも変わんないな……。本編のルミは大和のそういうのを知らないからちょっと燻ってる感じで、こっちのルミは大和がどう思ってこういう態度取ってるのか分かるから文句言わない。大和に対する文句はないけどシーマスさんの嫌味にはいちいちイライラする、と。


瀬川さんち書きたいなー。奈央とか奈央とか空とか奈央とか。あ、ちなみに紗央は指輪とか大好きだと思います。みのりもそういうの好きだと思います。
キャンディの入った瓶を渡されて、一個ずつ食べてたら、包み紙の中がアメじゃなくて指輪だったのを見つけたりとか、雪だるまの中とか!(名作の手法をパクる)
冬二くんはそういうのやってくれそうだよね、特に雪だるま。(笑) そんなん他の面子に知れたら大爆笑請け合いです。
ケレスさんと紗央の場合、デートでどっかの街中行った時に、道端の露店で買うとかベタでいいと思います。ベタ大好きですみません。
理央よりも奈央が書きたい。お兄ちゃんとかお姉ちゃんがブラコンなりシスコンってのはギャグっぽいのが多いけど、下からってのは確かにちょっと怖いですよね。取られたくないってのもあるし、自分が支えてるってのももちろんあるし、狂気染みた部分が絶対あるのでそこも楽しい。
紗央がケレスさんのところに押しかけてしばらくしたくらいの頃、空との登校中とかに
「奈央の姉ちゃん、相変わらず理央の兄ちゃんにべったべたなのかー? ったく、ご近所としてもどかしいぜ、とっとと告白すりゃいいのにさ!」
とか空に言われて、何も言わず笑顔で、
「うん、そうだよね。お姉ちゃん見てると応援したくなっちゃう」
とか言うんだと思います。奈央は怖い子。


ちゃんと付き合うようになったって聞いてからケレスさんに会った奈央とか怖そう。
可愛い笑顔で、
「おにいさんって呼んだ方がいいですか? なってくれるんですよね、おにいさんに」
って詰め寄ってる奈央を受信した。私は奈央をどうしたいのかたまにわからなくなる。
姉さんを幸せにしてくれるなら誰でも良い、って理央とは違って、奈央には奈央なりの基準があるんだろうな。どんなんかわかんないけど。
お姉ちゃんを幸せにしてくれるのはもちろんだけど、あたしから奪わないでほしい、ってラインだけはあると思うんだ。紗央が家出てる間、奈央は家でいつもひとりですな。安藤さんちでご飯食べたりはするだろうけど。理央とかアンドゥーに、紗央さん帰って来るまでうちに泊まる? とか聞かれるけど断ってるだろうし。あたし家でお姉ちゃん待ってますから、って言う。
言ってる一方で服届けに行く。
やっぱり気に入らないんだろうな。根本的に合わなそう。だから会話とか想像できないんだ。殺伐としてるんだろうなー。鉈とか持ち出さないことを祈るばかりです。


やっぱり紗央に友達作ってあげるべきだな。ルミに活躍してもらうか……。
全部終わってから、「また家に友達呼びなさいよ! それと、あの、芹沢大和の彼女の子も」って要求するといい。
そしてこの期間の紗央さんの料理レベルは激しく上昇していると思われる。


何か書きたいなあと思うけど書きたいシーンありすぎてどこから手をつけたらいいのかわからない。お手上げ☆
流風のはちょくちょく書いてるからいいんだけど。高2時代の流風の熱血具合とか考えるの楽しいです。ドタバタ劇は考えるのが楽しい。要所要所は実際に書くのが楽しい。
そして要所というのは一人称がめちゃめちゃ楽しい。実際気持ち入れてみるとかなり楽しい。でもお手上げ。

スパイダ負けた!
スポンサーサイト

2009.03.10(Tue) | しゃべり隊 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://hechima1222.blog88.fc2.com/tb.php/314-f9e90bb2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。