プロフィール

軽石へちま

Author:軽石へちま
基本自キャラで凄まじく妄想してみる。
隠れ家なのでBLとか黒とか暗とか主。
キャラ崩壊必至。何とも思わないけども。
妄想についてこれる人だけどうぞ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

やっちゃったんだぜ……


 その日、あいつはいなかったから、俺はオアシスの側でずっと座って待つことにした。
 いつ帰ってくるかもわからない、相手。
 シンゴはああ言っていたけど、やっぱり、シンゴが言わないなら直接聞くしかない。何が気に入らなかったんだって。だって、普通の喧嘩で出来る傷でもなければ、普通、あそこまではしない。シンゴだって体はでかいし、抵抗すればそれなりの力は出せるはず。そうならないということは、そうする余地もないほどにシンゴが攻められていたということ。
 そんなに攻められなければならない理由って、何なんだ。
 シンゴは、少し生意気だけど、それくらいが可愛くて、それがいいところなのに。
 それに、こっちに来て初めて気付いたけれど、シンゴはびっくりするくらい強くて、優しくて、あんな風にやられなきゃならないのは、本当は俺だと思うのに。
 座って時が経つのを待っていた頃にはまだ低い位置にあった赤い星が、今はずいぶん高くに昇っている。綺麗な月の位置も変わっている。相当の時間が過ぎたらしい。シンゴはちゃんと眠っている。寝ないと、精神も身体も消耗が激しくて、とんでもない病気にかかったりしてしまうかもしれない。
 帰りたい。帰って、あの女王を一発ぶん殴るか怒鳴りつけるかして、あの子を、ちゃんといるべき場所に帰してあげたいと思う。でも、それにはシンゴがどうしても必要で、俺はシンゴがいなくちゃまともにまっすぐ歩くこともできなくて。だから、だから、ひとりで勝手に傷ついたから放っておくなんて、そんなことできない。シンゴに何かあったら、俺はシュウやフタバに何て言えばいいんだよ?
 膝に顔を埋めてそんなことを考えていると、少し辺りが暗くなった気がした。
 顔を上げて、振り向いて、そこには、想像した通りの人間がいたわけだけど、

「……何やってる」

 その全身が血塗れだから、俺は一瞬言葉を失った。

「……待ってた」
「何を」
「あんたを」

 怯むわけにいかない。怖くない。シンゴが耐えられたこと、俺が耐えられないわけがない。シンゴにこれ以上痛い思いなんてさせない。こんな奴に、負けてる場合じゃないんだ。
 金髪の男、……ケレス、とか言ったっけ……、そいつは無表情という表情を一切崩さないで土を踏みしめた。俺がどうしてここにいるのか、大体はわかっているようだった。
 俺は立ち上がって、砂を軽く払うと、口を開いた。

「何で、シンゴがあんな目に遭わされなきゃいけないんだよ」

 相手がぐっと無造作に頬から口にかけてついている血を腕で拭った。当然こいつの血じゃないだろう。返り血だ。一体何人を相手にすればこれだけ血塗れになれるのか疑問だった。そして、その相手にシンゴが入っていなくて、本当によかった。

「気に入らないの、俺じゃないのかよ……! あんたを殺そうと思ってて、殺そうとして、いつまでも敵意むき出しのままだったのは俺だ! シンゴはあんたを俺から助けたんだぞ!?」
「助けた? どうせお前にはできなかっただろうよ」
「っ、できないわけないだろ!! 今生きてるからってでかい口叩くな!」
「ならやってみりゃいいじゃねぇか。俺がここに座って、抵抗しなけりゃそれで満足か?」

 どうした。
 どうした、俺。
 言い返せよ、できるんだって。
 だって抵抗しないんだろ? 振り下ろせば俺の勝ちだ。何のための剣だ、飾りじゃないんだぞ? 誰かを傷つけるために持ってるんだ。誰かを傷つけても自分が生きていたいから、そのために持ってるんだ。

『ルカさんがあいつのところに行ったら、俺はもっと、もっと痛くなる、だから、絶対、行かせない』

 傷つける誰かが、シンゴだったとしても、俺はこれを振り下ろせるだろうか。
 もっともっとシンゴに痛みを負わせて、それでも生きたいなんて、傲慢じゃないのか?
 けど、でも、こいつのせいでシンゴは傷ついて、なのにシンゴは、俺がこいつと会う方が痛いって、何だよそれ、何なんだよ。やっぱりあの時殺しておけば今痛くないって、お前だって思わなかったのかよ、シンゴ!! 
 ああもうダメだ、ぐちゃぐちゃだ。俺はもうシンゴを傷つけられない。これ以上苦しめたくない。じゃあこの怒りはどこにぶつければいい?

「……ッ、いいよな、ただ持ち前の力見せ付けて、振りかざして、やりたい放題勝手やってのさばってりゃいい奴は……!」

 こういうのを八つ当たりって言うんだ。すげーカッコ悪い。
 どうスルーされんのかと相手の目を見た瞬間に、

「え、」

 身体がふわりと宙に浮いた感じがした。




シンゴがどれだけ腹の立つ台詞を吐いたのかすごい考えてみたけども、きっとそんな感じの台詞だったんだろうな止まり。
でも大方ルカが八つ当たりに吐いてしまったあんな感じの台詞をもっとムカつく感じで言ったんだろうと思ってます。そりゃ怒るわ。つーか怒るわ。私でも怒るわ。
ていうか秋臼さんはエンジ君上げるの早すぎだと思います。逆にこっちの首が絞まりそうです。困ったものです。


今安眠CD出てるんですね。いろんな声優が羊数えてくれるという。
福山&岸尾もそりゃあ気になるけど、やっぱりネタとしては11月だかに発売の宮野&谷山は押さえるべきかと。
あと12月の番外編の若本……!(笑)
俺は眠くなーい、って何。(笑)
緑川&置鮎ってどういうコンボ。そして執事!
とりあえず宮野と谷山だな。何キャラだ。黒系か? 谷山の黒いのなんてお目にかかったことないぞ。
そういえばこの前のグレンラガンはキノンがちょっと可愛すぎでしたね。ロシウはどんだけヘタレなんでしょうね。
シモンどんだけカッコいいんでしょうね。


ちょっといろんなものの反動で変なもの書きそうですが笑って許してやってほしい。



書き忘れてたんだけど、なんか、ケレス先生、酷い言われようじゃないか?(遅いよ)
貴久先生のことはヒサさんと呼びそうだけど、ケレス先生は何て呼ぶんだろう、ルカ。呼び捨てかね。さん付けはないとみた。
もしくは名前とか呼ばないで「あんた」一本かも。そっちの方がらしいかな。うん。
スポンサーサイト

2007.09.03(Mon) | rebellion | cm(1) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://hechima1222.blog88.fc2.com/tb.php/36-9bb491fa
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
2. 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2007.09.04 04:48 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。