プロフィール

軽石へちま

Author:軽石へちま
基本自キャラで凄まじく妄想してみる。
隠れ家なのでBLとか黒とか暗とか主。
キャラ崩壊必至。何とも思わないけども。
妄想についてこれる人だけどうぞ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

そしてこう続く


「申し訳ございません、父上。剣の鍛錬に時間を費やしていたため、出席が遅れました」

 単に遅刻と言うのは簡単だが、結局大和が王族の観覧席に着いたのは試合がとうに終了し、優勝者の表彰が行なわれる頃のことだった。元より興味のないことに自分の時間を使う趣味などない。誰が優勝しようと関係ないのだ。御前試合の最中は国王に申告した通り、剣の鍛錬をしていた。しかし全く試合を見ていなかったわけではなく、気が向けばたまにバルコニーから眺める程度はしていた。優勝しそうな人間にアタリをつけただけだったが、結果を聞けば大和の想像通りだったようだ。

「今回は特に優秀な男が入団するぞ、大和」

 遅れてきた息子を怒る様子もなく、国王は上機嫌でそう言う。そのようですね、と大和は返し、表彰されている優勝者に視線を移した。この国にはそう多くない金髪、常に機嫌の悪そうな表情。だが、バルコニーからちらりと見た、彼の剣の腕前は相当のものであったように思われる。少なくとも、これまでの参加者を考えればずば抜けて一位の腕を持っているだろう。国王の機嫌が良いのも頷ける。大和は確かに剣の筋も良ければ戦の才能もある。現在の騎士団を上手く率いることができるのは大和以外に考えられないのかもしれない。しかし大和はいずれ騎士団ではなく国を率いるべき王子なのだ。跡取り息子に万が一の事態が起きる前に、優秀な人材に騎士団を任せたいのだろう。

「彼は異国からの参加ですか」
「ああ、そのようだ。しかし、異国だなんだと文句は言うまい」
「勿論です、反逆や偵察などさせませんし、――私も国防を預かる身として、彼の配属が楽しみですよ」

 観客から一斉に歓声が上がる。表彰が終わったらしい。これで明日から晴れて騎士団の一員になるというわけだ。

「大和、今夜私の寝室に来なさい」

 湧き上がった歓声の中、静かに告げる国王の声に大和は首を傾げた。される話に心当たりがない。何の用だろうか。

「広間ではなく、父上の寝室に、ですか」
「そうだ」

 深く聞くのも野暮なことである。どうせ行かねばならないのだから、ここで聞かずともその場で聞かされるだろう。そもそもいつも自分を呼びつけるときは広間なのだ、わざわざ寝室を指定するということは、他の兵に聞かれては問題なのだろう。

「わかりました、必ずお伺いします」

 凛と通る声でそう返すと、大和は国王に深く頭を下げた。





でも続きったってここからどう続かせたらいいのかわかんないのでやめました。


設定なんですが、柩の中にいるのが悪魔で、倒された魂はそこに吸収されてくってんなら、他の魂を倒して柩に近づくほど大和の動きが鈍くなったりすればいい。悪魔に近づいてくから、大和の肉体の方で今身動きが取れない悪魔が力を取り戻していく的な。そんなんがあって、柩の中身は神様じゃないんじゃないかみたいな推測に至ればいいんじゃないかとか思ったりした。
大和の王国で封印してた悪魔ってのが、柩の中の悪魔の一部だったりな。そしたら柩をブッ壊すことは、今肉体に巣食ってる悪魔を滅ぼすことで、やり直しはできないまでも、自分の手で再生するくらいはできるんじゃなかろうか。

で、ゲーム中の能力云々ってのは、ゲーム参加のために魂に付与される能力+契約者が魂を使役するためのアドバンテージという解釈で。
ケレスさんと大和の場合、大和が不完全なので特別に付与される能力がなくて腕一本剣一本で戦うっきゃない、その上契約者に絶対服従なのである意味ハンデなのかもわかんないです。
紗央は水使うイメージで、叡一くんが持ってるアドバンテージは防御系がいいな! とか思いました。自分と紗央を囲む範囲の結界を張るとかな。
奈央が意外と攻撃的なの持ってそう、と思ったんだけど、補助っぽいイメージも抜けないので、流風の発動する技の攻撃とか防御の効果二倍とか。流風は風使いだと思いたいので攻撃にも防御にも使えそう。
しかしそうすると叡一くんの持ってる力がちゃちく思えてくるのでもうちょっとなんとかしたいな。


ロフトの成果は、結婚した後の冬二くんとか絶対楽しいだろ、な想像をすることです。(笑)
犬小屋作ってる冬二くんとか素敵なんですけど。頭にタオル巻いてとんかち持って釘咥えてるだろ絶対!(何) 冬二くんとみのりは面白いくらい新婚生活が似合うし、想像しやすい。みのりだって料理頑張るよ! 冬二くんならどんなのでもおいしいって食べてくれそうですが(椿クラスじゃなければ)。
シーマスさんは頑張って椿をキッチンに近づけないようにしたらいいと思うよ!(爽)
冬二くんなんかは子供生まれてもすごい可愛がりそうなのが見えるのに、シーマスさんとかケレスさんとかが子供といるところが想像できない。子供に好かれるタイプなのはすごくわかるんだけど、その人の子供ってのがまるで浮かびません。えええええ、無いだろ? とか思ってしまう。
エンジ君と椿ならどこまでも幻視できるレベルですが、ケレスさんとかシーマスさんとか、新婚で二人暮らしっていうのは想像できても先が想像できない。
ご近所の椿は小さい子とか好きだと思うんだ、本筋はごめんなさい口を慎んでおきます。(笑)
紗央は面倒見いいから子供の相手とか好きですよねきっと。
冬二くんは「子供はサッカーチーム作れるくらい欲しい!」とか本気で言う人だって私信じてます。


妹が明日から修学旅行なので、自宅に招くようなネタを考えてみたいと思う。
しかし3年の4月に修学旅行ってちょっと変わってますよね。3年はクラス替えなくて先生も変わらなくて、だから新学期始まってすぐ旅行できるらしい。ちなみに沖縄だそうで、可愛くないキティちゃんグッズを頼んでおきました。楽しみ。
まあしかし、理央とか奈央の学校って一応進学校だろうから2年の2月とかだろ、多分。アンドゥーはその頃テスト終わりでミス研の合宿とか行ってりゃいいんだ。
「いつもあたしが行ってあげてるんだからたまには来なさいよ!」とか上目線で誘っておいて、実際に来るんだと思ったらめちゃくちゃ掃除とか料理とか頑張っちゃう子だと思うんだ、紗央は。
掃除とか止まらなくなりそうですね。料理も手が込みすぎてとんでもないことになりそうです。何人招く予定なんだ的な、ね!(爽)
大量に余ったらその時は至貴くんたちご兄弟にお裾分けして消費してもらう的な!
鈴城さんちは可愛いイメージがありますが、紗央の部屋は殺伐とした感じな気がします。奈央はレースとかフリルとか似合うけど紗央はそうじゃないから、男の部屋かと思うくらいシンプルなのがいい。
リビングは綺麗だと思います。カーテンからテーブルクロスから何から何まで凝ってる。たまに手作りのがあったりする。
紗央の手帳とか絶対白紙に近い。ノートまとめるのとか苦手な子だな、私と同じだ。色ペンの使い方がよくわかってない。
そんな感じでケレスさんに来てもらっても、呼んだはいいけどいつもと勝手が違ってどうしたらいいかわからず挙動不審だと思います。帰ってほしいわけじゃないんだけど、どうしたらいいのかわかんなくて、「こ、コーヒー飲む!?」を5分に1回くらい聞きそうです。そんなに要らねえよ。(笑)

さてそろそろお風呂に入ろうかなあ。
スポンサーサイト

2009.04.13(Mon) | 聖櫃戦争 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://hechima1222.blog88.fc2.com/tb.php/398-02f48b62
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。