プロフィール

軽石へちま

Author:軽石へちま
基本自キャラで凄まじく妄想してみる。
隠れ家なのでBLとか黒とか暗とか主。
キャラ崩壊必至。何とも思わないけども。
妄想についてこれる人だけどうぞ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

惚れた弱み


「あーあ、俺も教職取っとくんだったなあ」
「全然似合わないから口にするのもやめときなさい」
「知らねえ院生とケレスと三人でランチを楽しむカリキュラムなんだよなあ、教職課程ってのは。そりゃ俺との昼飯より大事なわけだ」
「あんたいつもフォローのひとつも入れないくせに変なところで嫉妬するのやめてよね……」

 さっきからずっとこの調子なのだ。普段あたしがシーマスにいじられようとケレスに罵倒されようとさらりとスルーするくせに、こういうどうでもいいところで引っかかるのが芹沢さんちの王子様。はっきり言って面倒くさい。これだからボンボンは! と毎回毎回本気で思う。
 教職なんて取る気さらさらなかったくせに、あたしがちょっと教職の話題出すとこれですよ。二限が教職の授業だったから、その延長でお昼も、ってなっただけで、サークルの用事とかなら二つ返事でOK出すくせにこうなんだから。大体自分だっていきなりバレーボールの部活の助っ人に呼ばれたとか言って体育館に消えたりするくせに一体何様のつもりなのか。聞けば『俺様』とでも答えるのが目に見えてるからこれ以上は考えるのをやめておく。

「あれ? 何、その袋」

 話を逸らすためもあるけど、大和の隣に置いてある紙袋が目に付いて尋ねる。はぐらかされているように感じたのか、大和は一瞬不機嫌そうな表情をしてから、ああ、と口を開いた。

「ケレスから貰った。紗央が牡丹餅大量に生産してるってんで」
「あー、貴久さんも渡されてたなー……。どんだけ作ってるのよ紗央さん」
「そろそろ練り切りに挑戦しそうな勢いなんだと」

 練り切り、ってあの食べれるのか食べられないのかわからないくらい綺麗なやつよね。あたしの中ではマジパンと同じようなものと認識されているんだけど、実際練り切りの方が断然綺麗だし美味しいんだろう。紗央さん、なんで警官なんかやってるんだろう……。パティシエールなり和菓子作りの職人なりシェフなりになっちゃえばいいのに。

「ケレスって紗央さんがどんな突拍子もないこと言っても動じなさそうじゃない? だから惚れた弱みとか全然ないのかと思ってたけど」
「これは明らかに弱みだろ」
「作るななんて言ったらまた厄介なことになりそうだし、紗央さんも基本ケレスのために作ってるんだし、ああ、何かそう考えたらケレスざまあみろと思えてきたわ」
「うっわ、ひっでー」
「日々鬱憤が溜まってるものですから」

 ケレス本人に言えば、そういうお前は、と突っ込みを入れられそうだから心のうちでとどめておくことにしよう。ざまあみろと思う、でも少し、いやかなり同情もしている。

(あたしだってこの王子様、どう扱えばいいものやら)

 他人の悪口を聞いて多少本題から気が逸れたのか、先ほどより幾分か機嫌良さそうに笑う大和を見て、あたしはため息をついたのだった。







紗央がやることに対して普段通りのツッコミができないのは惚れた弱みですよね。紗央は一回やり始めると極めたい人だと思うのでもっと面倒ですね。他人が迷惑に思ってることを察せる子になってくれたらいいんだけど、無理そうな気がします。
料理以外にとりえがない子だし、自分でもそれを分かってるので、それでしか相手を喜ばせることができないと思ってる。だからケレスさんがぽろっと「これ食べたい」とか言うと無茶苦茶頑張ってしまうんだと思います。アホの子ですいません。


大和はどうでもいいところで嫉妬する子だと思う。ていうか紗央とベクトル一緒な気がします。
だからケレスさんが紗央のことで何かあったらルミに聞いて、その逆も普通にアリだと思う。厄介なお姫様王子様抱えると大変ですね。慣れてるから大抵のことは許せるけど、大和自身が芹沢と他を線引きするのだけは許せなくて、それをやらかすとちょっと大変な問題になるんだと思います。


そして基礎数学くらいなら多分大和でも楽勝だと思います。(爽)
F5って基本賢いから、誰に聞いてもわかりやすく教えてくれるとは思うけど、F4に聞けば「お前こんなのも分かんねぇの?」みたいな目で見られ、追加メンバーの冬二くんに聞いても「え? 質問ってコレのこと?」みたいな遠まわしに失礼なこと言われそうなので誰に聞いてもダメージがでかい、と。
なので違う人に聞きたいんだろうなあ。椿もそれなりに賢いけど、2つも年下に聞くのは微妙だろう。


紗央と大和はベクトル似てるけど、一番違うのは自信があるかどうかだと思う。性格的なのもあるし、付き合いの長さってのもあるし。
紗央は面と向かって好きだとか何だとか直接言われてる時とかしか自信ないし安心もできてないんじゃないかなと思う。根本的に自分に自信がないから、その時は安心できても一秒後には不安になってるのが紗央。大和はどこから湧いてくるのか分からんが自分が愛されてることに絶対の自信があって疑ってない。アホだからか。ルミのスタンスもあるだろうけどね。ルミも事実は結構あっさり口に出来るタイプなので。表現が過少か過多かって問題かと思う。ケレスさんは「表現はできるけど必要性を感じない」って時点で改善できないという難点がありますがそれはそれで持ち味じゃね? ということでお風呂に入ります。寝そう。


スポンサーサイト

2009.05.08(Fri) | ご近所物語 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://hechima1222.blog88.fc2.com/tb.php/424-1a81e8d9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。