プロフィール

軽石へちま

Author:軽石へちま
基本自キャラで凄まじく妄想してみる。
隠れ家なのでBLとか黒とか暗とか主。
キャラ崩壊必至。何とも思わないけども。
妄想についてこれる人だけどうぞ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

偶像を破壊



「はッ、頑張るねぇ」

 報せを受けても大和は杯の中の葡萄酒を呷るばかりで動く気はひとつも無かった。厳ついブーツを履いた足を机の上に投げ出し、側で状況を告げる家臣の声もあまり聞く気は無い。
 東の土地でまた蜂起が起こったのだと言う。彼らは機を窺ってはちょくちょく反乱を起こす。国家転覆を狙う勢力との争いは何度か大和も軍を率いて経験しているし、国の歴史上規模の大きなものもあったようだ。しかし、今大和は王子の座についているし、今後国を継いで王となることに何の不安も抱いていない。ということは、恐れるに足らない相手なのだ。
 小さな蜂起では大和の出る幕ではない。現地で勝手に判断して、こちらからの増援が必要となれば下で動くだろう。大和は最後、報告を受けるのみ。小さな反乱に逐一大将が出陣していては威厳も何もあったものではないし、軍はそんなに弱くない。そもそも一時間も経たず終わってしまうような戦闘では、現地に行くまでの時間の方が長いし、興味がない。

「てーことは、姫君は今日も人殺しに精出してるってこった」
「あの女さえ殺せばあちらの戦意も殺がれるでしょうに、王子の考えが分からないと兵たちもぼやいております」
「何言ってんだ、殺したら死んじまうだろうが」
「は、はあ」
 
 そんなの当然だろう、と言いたげな表情の家臣の気持ちも分からないではない。

「女のくせに戦場にいて戦いもしねぇたぁいい度胸だよなぁ、大人しく待ってるだけのお姫様なら可愛がってやろうかとも思ってたが」

 死人の魂が視える不思議な少女なのだという。ならば、戦場ではさぞかしたくさんの魂が視えていることだろう。その珍しさには、確かに天使だの姫だのと持ち上げられて、戦場に勝利祈願の象徴として連れて来られてもおかしくないかもしれないと大和は思う。昔は同情さえしたその少女への認識を完全に改めたのは、もう何年前だったか、彼女の祖父を彼女の目の前で斬り捨てた時だ。


『それで勝ったつもりですか? ――教えは心に宿るもの、お祖父様が葬られても私たちは道を誤ったりしない』


 幼い少女が杖を突きつけ、そう言い放った。
 ああこれはダメだ、死んだって治らない。殺してしまうには惜しい。生かしておくことも殺すことも不愉快だ。

「立場を弁えられないんじゃ仕方ねぇ、年中地下の寝台に繋いで頭から叩き込んでやる」

 泣いて喚いて、そうして疲れきった細く白い喉をゆっくりと絞めて、緩めて、何度でも、殺さずに、あの強い瞳が光を失うまで、何度でも。

「で、神様とやらの次は俺に心を捧げてもらおうか」

 口許を醜く歪めて、杯の中に残った葡萄酒を飲み干し、立ち上がる。

「処理はてめぇらに任せる、適当にやれ」

 それを聞くとようやく家臣は安心したように頭を深く下げ、部屋を出て行った。
 元々事務連絡だ、大和が指示しなければならないことなどひとつもない。伸びをしながら窓に近づけば、訓練中の騎士団が見える。一番手前に見える金髪は、御前試合を勝ち抜いた例の新人だろう。いつ腕試しをしてやろうか。次に大きな戦闘が起きた時か、それは楽しみだ。
 
「今年は楽しくなりそうだな、姫君よォ」

 東の空は今頃何色に染まっているのだろうか。






ぱっと見じゃリベリオンと区別つかないな。聖櫃戦争話は風哉くんが手近な家臣じゃないからモブを適当に作るしかないところが痛い☆


自分の中でアリだと思ったら何だってストライクゾーンに入る。
聖櫃戦争の大和はゲームが全部終わるまでルミに対して本気じゃなくてもいい、と思ったら奈央だって誰だって多分ストライクゾーン入るだろ。でも奈央は殺害対象なので恋愛の勘定にはまず入らない。なんか、泣かせたいとか屈服させたいとか歪んでる。でもおんなじことを奈央も思ってたらいいなと思う。ドSな奈央さんとか好きです私。(爆笑)
大和泣かせたい奈央とかどんだけ……! いや、でも分かる、確かにちょっと泣かせてみたい。(何)
ゲーム終わるまでの大和は軽くていいと思うんだ、紗央のこととかも「おう、そこの美人の姉ちゃん」とか呼んでたらいい。最後殺すのにかww 


宗教に身を置く奈央はどこまでもブッ飛んでたらいいなと思う。ダメだこいつなんとかしないと、レベルがいい。意外と奈央が術でサポートじゃなくて接近戦したりするのも面白いなと思った。杖ぶん回して大男と対決とか楽しいじゃないか、大和相手だったら負けるけど。
大和に対しては流風が番犬のようにうーうー唸ってたらいいな!!


で、前教皇だかなんだかの奈央のおじいちゃんは殺されてることにしました。その方が楽しそうだったので。もう設定がわけわかんなくなってますがそれは私クオリティ。
ケレスさんとうだうだ話すとことかも気になるけど、この世界のケレスさんのスタンスがわからないので次書くとしたら奈央サイド。紗央も妄想だけは進むけど何か書けそうにない!!


なんか、最近自分の作ったキャラクターで何か書いても二次創作な気分。何故だ。
流風とか完璧二次創作なんですけど。大和もたまに。
今いちばんオリジナルな気分がしてるのは何故かタっくんです。樹理はいつもオリジナル気分。
タっくんと樹理とか、ボイス的にかぐらさん……!!(笑) いえタっくんあんなにイケメンじゃないです。樹理あんなに甲高い声じゃないです。
樹理の声は那岐の声が理想。ツンデレ具合といいビジュアルといい神ですよね那岐は……!!
そういえば昨日アニメ銀魂の銀さん記憶喪失編あたりを久々に見て、記憶喪失になった銀さんの声がアンd(略)


スポンサーサイト

2009.06.18(Thu) | 聖櫃戦争 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://hechima1222.blog88.fc2.com/tb.php/445-879acd99
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。