プロフィール

軽石へちま

Author:軽石へちま
基本自キャラで凄まじく妄想してみる。
隠れ家なのでBLとか黒とか暗とか主。
キャラ崩壊必至。何とも思わないけども。
妄想についてこれる人だけどうぞ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

プリズムの拡散


「……何だよ」
「別にっ」

 鍵を開ける音が聞こえて玄関へ走り、入ってきた相手をじっと一分ほど見つめてその一言だ。おかえり、の言葉もない。彼女からすれば、「だってただいまって言われてないもの」という理屈なのだ。それから、別に荷物や上着を預かってやるわけでもなく、くるりと踵を返してリビングへ戻る。しかし廊下で時折立ち止まって首だけ振り向き、後ろを歩くケレスにじとっとした視線を向ける。その度に、「何だよ」「別にー」の繰り返し。
 リビングに戻ると紗央は真っ直ぐソファーに向かい、その上で体育座りをする。テレビもついていない、静かな部屋。網戸から入った風がカーテンを揺らしている、それだけだ。
 ケレスが隣に腰掛ければまた恨めしそうに見つめる。相手のイラついた表情も見えているはずなのにことごとくスルー。

「……言いたいことがあるなら目ぇ見て言え」
「だから、別に何も無いって言ってるじゃない」
「何も無い奴の態度じゃねぇだろうがっ」
「そんなことないわよ、全世界の統計とったわけ? 証明してくれたら謝ってあげてもいいけど」

 そう言い捨てて紗央はふいっとそっぽを向く。ソファーの上で体育座りをしたままの紗央は、ショートパンツから伸びる足を綺麗に畳んで腕で抱えると、そのまま窓の方を向いてゆらゆら体を揺らした。
 網戸から入り、カーテンを揺らした初夏の風は、ゆらゆら揺れる紗央の髪をも揺らす。普段こうして家にいる時は邪魔だからとひとつにまとめている長い黒髪は、今日はすとんと下ろされたままだ。濡れたような艶を放つその髪は、風が吹くたびさらりと揺れてその存在を主張している。

「――髪、切ったのか」

 明らかに呆れた声音でケレスは言ったけれど、紗央にとってはイントネーションや声の響き、相手がどんな気持ちでその言葉を言ったのかということよりも、言葉そのものが重要らしい。ぴくりと肩を一度震わせたところを見ると、待っていたのか驚いたのかそのどちらかだろう。窓に向けられていた顔を戻してケレスに向け、膨れた様子で膝に頭を預ける。

「切り揃えただけよ、何センチも切ってないのに分かるとかっ、気色悪い!」
「あーそうかよ、そりゃ悪かったな」
「べ、別に悪いなんて言ってないじゃないっ」
「思いっきり言ってたと思うがなあ」
「気色悪いって言ったの!」

 気色悪いの方がダメージは大きいような気はしないでもないのだけれど、これ以上突っ込みを入れれば紗央の自分理論がどう展開されるかわかったものではない。確実に言えるのは、もっとややこしくなるだけだということと、単なる照れ隠しなのだから取るに足らないということだ。気分が表情に出るのは昔からなので直しようがない、面倒くさいという感情を口にだけは出さぬようケレスは息をついた。口に出さなくともあれだけ主張すればどんな鈍感だって気付きそうなものだ。そんな気持ちも飲み込んでおく。
 やがて紗央は体育座りを解いて立ち上がると、睨むようにソファーの上のケレスを見下ろした。その表情は逆光で暗くなっているけれど、恐らくは多少赤らんでいるのだろう。

「夕飯の買い物行ってくるっ」
「昨日作ってたハヤシライス余ってんだろ」
「作りたい気分になったの! 全部食べなさいよね!」

 ハンドバッグを手にして、ケレスにびしっと指をつきつけると無駄に足音を響かせて紗央は廊下を闊歩していく。
 今日は夕飯が無駄に豪華になりそうだった。
 



3センチ切っただけなのをさらっと気付くなんていくらケレスさんでも無理だろ、ということで。
紗央はそういうの無意味に主張すると思うんだ。そしてごめんなさい、私こんな女ごめんです。(笑)
紗央ならやるなあ、と思って書いたはいいけどこれ絶対嫌われるよ!(爽)
蚊がいるなあ、どこだ。
紗央のハヤシライスはもちろんブラウンソースから手作りだと思います。


強がることも結構だし、それが持ち味のキャラではあるんだけど、どっかでたまに素直になるところがないと可愛くないよね。でも紗央にどうやって教えるんだろう。ご近所の椿なんかは無知だから教えたらなんでも吸収しそうなもんだけど。
あの告白以来好きだの何だのって紗央は一切口にしてない気がするよ!
嫌ですねえこの性格。ツキ高の流風も基本的にこれくらいツンデレ。
大和とルミはもう言葉なんて要らないだろクラスまでいってるけど、紗央って言葉くらい使えよってレベルだと思うので、一歩踏み出させるだけできっと一苦労です。
そいで、私が紗央そのものよりも取り巻く環境を書くのが好きなのは、紗央とケレスさん書いても進展が何もなさそうだからなのかもしれないとちょっと思った。だって、見る人が見たら倦怠期かと思えるようなカップルですよ、中身見たら夫婦みたいなもんですよ、そいで言葉使わない二人とかもう書きようがないww


もちろんケレスさんはアメリカ人だから言おうと思えば言えるだろうし、言う時は言うだろうけど、紗央は日本人で頭弱いくせに頑固だから、言おうと思っても言えないし、そもそも言おうと思うことがあんまりないし、言わなきゃならない時さえ言えない子なんだ。めんどくせえww タっくん相手でもその辺変わらない気がします。でも不思議なことに、アンドゥーが相手だと積極的にリード取りそうな気がするんだよね。めんどくせえええええ


何故か眉の上を蚊に刺されました。こんちくしょう、成敗してくれる!

スポンサーサイト

2009.06.23(Tue) | Title | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://hechima1222.blog88.fc2.com/tb.php/453-68f037da
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。