プロフィール

軽石へちま

Author:軽石へちま
基本自キャラで凄まじく妄想してみる。
隠れ家なのでBLとか黒とか暗とか主。
キャラ崩壊必至。何とも思わないけども。
妄想についてこれる人だけどうぞ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

たまには本筋で。




「空せんせー、世界史質問あんだけど今いいー?」
「おー、熱心なのはよきことだ、流風! どーんと来い!」

 四時間目の授業が終わってすぐ。授業終わりで職員室に戻ろうとする空先生を捕まえて二、三質問をした。俺の髪の色とか服装とかはガミガミうっさいけど、地歴公民全部網羅して教えてることもあって、空先生は若いくせに悔しいくらい理解度がずば抜けている。これ他の学校の先生とかだったら、ちょっと調べるから明日まで待ってろー、とかざらなんだろうな。ほんと、質だけはいい先生が揃ってやがる、この学校。
 
「さーんきゅ、空センセ! 今度授業中にサービスでウインクしてやるよ」
「いっくら顔可愛くても性格小悪魔のお前のサービスなんて要らねぇっての! 担任にでもしてやれよ、そーゆーことは」
「あっははー、絶対御免デス」

 そんな軽口を交わして、先生と別れる。ノートを手に席へ戻ると、隣の席のヤマトが弁当の用意をしてじいっと俺を見ていた。待ってたらしい。

「何だよ、先に食っててよかったのに」
「いや、別にそれはいいんだけどさ」

 ノートをしまって席に着いて、俺も弁当の用意をする。俺の昼食はコンビニで買ってきたり、女子からのもらい物だったり、ちーちゃんの愛情たっぷり手作り弁当だったりまちまちだ。ちなみに今日はちーちゃんのお手製弁当で。美味いし、俺も一応高校生の男子だから量もしっかり考えてくれるのはいいんだけど、ぱっと見華やかすぎで可愛らしすぎるのが悩みどころだ。まあ、それは女子から受け取る弁当だって似たようなもんだからそんなに気にしちゃいけないのかもしれない。

「いいんだけど、って。何か気に障った?」
「そういうわけじゃなくて」

 俺が弁当の包みを開くと、ヤマトも俺に倣って包みを広げる。箸を手にいただきます、と小さく挨拶して食事開始。今日のヤマトはいつになくはっきりしない。

「担任のことは名前で呼ばないよなぁ、お前」

 プチトマトを口に入れようとしていた俺は、そのヤマトの言葉に思いっきり反応してしまってトマトを落としそうになった。もっと場面よく見てもの言えよな!!
 はあ? と思いっきり睨んでやると、違うか? と至極真面目な表情で返される。そんな表情期待してたわけじゃないんですけど、俺。

「空先生は空せんせー、貴久先生もそうやって呼ぶだろ? 安藤先生はまあ、アンドゥーとして、山田先生は夢先生って呼んでるし。何より、俺もクラスの連中もみんな担任のこと名前で呼んでっけど、お前は呼ばないし、俺の見てる限りお前が先生に名前で呼ばれてるとこも見たことない!」
「……何を今更言ってんだか。三年にもなって」

 ……お前俺の気持ちなんて知らないくせによくもさらっと言いやがって!!
 ああそうですよ俺が担任を「空先生」みたいに「名前+先生」で呼んだことなんて一度たりともありません。他の奴らみたいにあいつから名前で呼ばれたこともありません。不自由してないし、だからどーした!!
 行儀悪いけど卵焼きを箸で刺して口に運ぶ。

「つーかさ、ホントに呼んでないの? お前先生の家押しかけてんじゃん」
「だから何だよ。呼んだことあればあるって今言ってこの話題さっさと終わらすんですけど」
「うええええ、マジでか。俺はてっきり、“ケレス先生っ、ここの問題がわからないんだけど!”“はははは、馬鹿だな流風。リアス式海岸に決まってるだろ?”みたいな会話をしてるもんだと」

 箸を握ったまま、わざわざ身振りつきで演じてくださるヤマトさんがすげえキモいんですが。一瞬唖然として、仕方ないので言葉を返してやる。

「妄想は結構だけど、……誰だ今の。」
「会話は一例です」
「そりゃ例だろうが誰だっつってんだよ! 何だ今の気持ち悪いやり取り! 最初の方俺とか言ったら殺すぞお前! しかもリアス式海岸答える問題って小学生レベルじゃねぇか!!」
「だから一例だっつってんだろ」

 だからって酷すぎだろ。なんだリアス式海岸って。留学しようってのにリアス式海岸勉強するわけない。しかもリアス式海岸の特性を論じるとかならまだ余地はありそうだけど、一問一答形式。ありえない。
 ……もうその件は忘れるとして、そんなこと言われたって呼んだことないものはないのだ。第一、部屋に押しかけたら部屋にいるのは俺と相手だけなんだからわざわざ固有名詞つけて呼ぶ必要もないっていうか。名前つけて呼ぶのは学校みたいに教師も生徒もうじゃうじゃいる場合だろう。……その学校でも俺は呼んだことないし呼ばれたこともないわけだけど。なんだろう、いつも、なあ、とか、おい、とか、ガキ、とか、良くて俺が「先生」って呼ぶ、それくらいかなあ。

「何だよ、じゃあアレか。いっつもみたいに、なあ、とか、おい、とか、てめえ、とかで通じ合うって寸法か。どこの倦怠期の夫婦だお前らは!」
「誰が倦怠期で誰が夫婦だ、ばーか」
「お前と我らが担任のケレス先生が既に人間関係において倦怠期くさくて、ちなみに夫婦の婦の方はお前な、流風」
「~~~っ、なんかもうどっからツッコミ入れたらいいかわっかんねぇ……!」

 何か、正論かまされてるのかボケ倒されてるのかわかんなくなってきた。頭痛がしてきた気がしてこめかみを押さえていると、弁当箱のミートボールをヤマトがひとつ奪っていった。ヤマトの弁当はいっつもばっちり和食で、質素すぎて可哀想な節があるからいつもはこういうのなんとも思わないけど、今日は不愉快だ。また睨んでやる。ヤマトは、可愛い顔が台無しだぜー、とか適当なことを言って笑った。 

「そんなに呼んでないんじゃお前、先生の名前忘れてんじゃねぇの?」
「忘れるか馬鹿。そんな心配されるほどアホじゃねぇよ」
「ほい、じゃあ言ってみ。うちの担任のフルネーム」

 いや、忘れてるわけじゃないんだから言わなくたっていーじゃん、別に。
 ケレス=ウィールネス。ほら、合ってんだろ? わかってるんだからいいじゃんか。
 ほらほらどうしたー? とヤマトが俺を急かす。綺麗にそぼろがかかったご飯を口に運びながら、俺は困ってしまった。
 ……困る? 困るって、何でだよ。別に減るもんじゃないし、言ったっていいじゃんか。うん。

「……ケ、」
 
 最初の一文字。
 
「……どーした、流風?」

 ヤマトがにやにや笑いながら俺の顔を覗きこんで、それから目を丸くした。 

「……~~~~っ、あああああっ、もう、見んなよこっち!!!」

 あろうことか俺は、最初の一文字を発音しただけで、そこから先何も言えなくなってしまった。ヤマトがびっくりしてる、ってことは赤面でもしてんのか俺。何だそれっ、気色悪いにも程がある!!!
 だ、だって、何かものすっっごく恥ずかしいことのような気がして、別にせんせーの名前が恥ずかしいとかそんなんじゃなくて、俺が、俺の声がその名前を呼ぶことが、ものすごく恥ずかしいような、だから、何だよ俺、これだからからかわれるんだろ!!!
 ヤマトはふるふる震えて怒る俺を見て抱腹絶倒だ。マジこいつ、殺してやりたい……!!

「っははははははは!!! どーしちゃったの流風姫ー! 何それ超可愛いんですけどー?」
「う、うるさいっ、姫じゃないし可愛くないっ」
「いっや、超可愛いって。なー、A組の諸君ー?」

 笑いすぎて涙が浮かんだ目尻を拭って、教室中に届く大声を出した。
 ぎくっとして周りを見渡すと、ヤマトと同じようないやーな笑みをしたクラスの面々。流風ちゃん可愛いと思う人ー、ヤマトが音頭を取り、クラス中が「はーい」と唱和。クラスの連中だけじゃなくて、昼休みだからってうちの教室に遊びに来ていた他のクラスの連中からも賛同いただいた。

「お、お前ら卒業までにまとめて始末してやる……!」

 立ち上がって叫んだが、可愛い流風姫に始末されるなら本望ー、なんて言われては俺も為す術がなかった。可愛くないぞ、ちくしょう。
 全然、……いや、ほとんど悪くないけど全部あの担任のせいだ。おかげで馬鹿にされたじゃないか!! 絶対今日はくだらない質問で疲れさせてやる……!






続きもちょっとあったんだけど書きあがってなかったので切った。
随分昔に書いた奴だけど、たまにはいいだろうと思っていろいろ加えてみたり。
こういうどうでもいい話をしてるときの流風の立場が弱すぎでなんともいえない。
流風は結局ほとんど呼んだことないんじゃないかな、と思う。良くて「せんせー」だと思うので、名前はちょっと呼んでみたい好奇心がありつつ無理、と。空は最初から呼ぶ気がない。(笑)
なんか言い負かされて悔しい時とかは慎吾を見習って「この金髪ハゲ!!」とかいろいろ矛盾した単語を吐いたりするんだと思います。そんな流風は最近お目にかからないので学生らしくて大変よろしい。


何故かこれのすぐ後に、アンドゥーが流風の論文(英語)を添削するエピソードが入ってました。実際に本人の前で名前呼んでみようという流れで大和に職員室に連れて行かれて、そこでアンドゥーに呼ばれるって流れでした。あまりにも不自然なのでアンドゥーとのやりとりは独立させてブログに投下したのでどっかにあるはず。
普通にいい先生だと思うんだ、アンドゥー。そいでツキ高にはハイスペックな先生が揃ってると思うんだ。
昔の掲示板眺めるついでに部長が書いた話を眺めてましたが、点呼どんとか部長が書くと奈央とか紗央の教養度が8割増になってる気がします。どうしたらあんなアホの子に教養をつけさせることができるんですか。私にはできません。(笑)
紗央はともかくとして、子どもの頃は理央より奈央の方が本を読んで育ったはずなのにバカってどういうことなんですかね。


空が頑張りすぎてダウンして、奈央が感情的になるメモ帳を見つけた。あらまあ珍しい。結婚する半年くらい前のお話みたいです、時期的に。正気の奈央が取り乱すって珍しいです。それも原因が理央でなく空とか、成長したんだなあ。(何)
ザカさんのお陰で、タっくんとか紗央とか書きたかったり、空奈央が書きたい感じがします。


スポンサーサイト

2009.07.02(Thu) | 未分類 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://hechima1222.blog88.fc2.com/tb.php/464-5d9b7dbe
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。