プロフィール

軽石へちま

Author:軽石へちま
基本自キャラで凄まじく妄想してみる。
隠れ家なのでBLとか黒とか暗とか主。
キャラ崩壊必至。何とも思わないけども。
妄想についてこれる人だけどうぞ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

13――abyss of memories



 深い、深い、水の中にいる。
 
 どこまでも青く、彼女の瞳のような、水の中。

 冷たい、水の中。


『――この先の川ですが、少々大きい上に厄介でしてね』


『気ぃ抜いてると頭ん中ぐちゃぐちゃになるとかならねぇとか』


『ムネモシュネの棲む川と呼ばれていますが、まあ弱った人間が流れに揺られて幻覚でも見るのでしょう。確かめたことはないのでわかりませんが』


『ムネモシュネって――』


 記憶の女神?



 彼女は笑う。
 俺も笑う。
 彼女は花を摘む。
 俺も花を摘む。
 彼女は不安そうな瞳をする。
 俺も不安になる。
 彼女は笑う。
 俺も笑う。
 彼女は歌う。
 俺は癒される。
 彼女は転ぶ。
 俺は手を差し伸べる。
 彼女は笑う。
 笑う。

 その映像ばかり。(薄紫のローブ)

 彼女は駆ける。
 俺は見ている。
 彼女は手を振る。
 俺は見ている。
 彼女は笑っている。
 俺は見ている。
 彼女は歌っている。
 俺は見ている。
 彼女は笑っている。
 俺は見ている。

 その映像ばかり。(薄紫のローブ)

 俺は歩く。
 ひとり、歩く。
 暗い道を歩く。
 たまに、車を引いて歩く。
 とても疲れている。
 とても苦しいと思う。
 遠くで笑い声が聞こえる気がする。
 どうでもいいと思いたい。
 どうでもいいと思いたい。
 どうでもいいと思いたい。
 
 思えない。
 
 それでもいいと思いたい。
 それでもいいと思いたい。
 それでもいいと思いたい。

 それくらいなら、

 それでもいいと思いたい。
 それでもいいと思いたい。
 それでもいいと思いたい。

 なんとか、

 それでもいいと思いたい。
 それでもいいと思エ。
 それでもいいと思ワナイト、?

 思える。

 彼女は笑う。
 俺も笑う。
 彼女は歌う。
 俺は癒される。
 彼女は駆ける。
 俺は笑う。
 彼女は手を振る。
 俺は笑う。
 彼女は笑っている。
 俺も笑う。
 彼女は歌っている。
 俺は笑う。
 彼女は笑っている。
 俺も笑う。


 それでもいいと思わないと、溺レル。


 沈んでいく感覚?

 浮いている?

 目を閉じれば溢れて止まらない、水のような記憶。

 彼女の瞳と同じ色をした水だ。

 コバルトブルーの、水。

 冷たい、水の中。





すっとばした!(爽)

on the wayのinterludeよりもこっちの方が大事な気がしたのでこれは本編扱い。
次の次あたりからヤマト編入れそうな気がします。
ルカの女装ルーt(殴)

セーラームーンにムネモシュネって出てきたなあ、と思って。
川とかあんま深い意味ないですよ私の考えることだから。
何だこの精神世界。次は普通の会話とか書きたい。

スポンサーサイト

2007.11.06(Tue) | rebellion | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://hechima1222.blog88.fc2.com/tb.php/50-d24fe2c6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。