プロフィール

軽石へちま

Author:軽石へちま
基本自キャラで凄まじく妄想してみる。
隠れ家なのでBLとか黒とか暗とか主。
キャラ崩壊必至。何とも思わないけども。
妄想についてこれる人だけどうぞ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

ひまつぶし


結局新紀元社のクトゥルフ神話買いました。でも意味がわかりません。(爽)
ポイントでポルノの新曲も買ってきたので、うきうきしながら聞いてます。いやあ、これ使うわ。ありがとうハルイチ。


クトゥルフ神話と一緒に、「セブンデイズ」ってBL漫画も買ったのですが、これがなかなかいい話。構成としてはBLじゃなくても全然いける話だと思う。つーかこれのパロをやりたい、BLじゃなくして。
なんとなく冬至くんのポジションがご近所理央なので、紫乃さん紗央で、冬至くんの兄貴がアンドゥーで、と思うと弓弦さんは瑤子さんかな、とか。唐突に「私と付き合ってよ」っていう瑤子さんと、段々傾いていくんだけど遊びなら早く別れないと、って思ってる理央とでそういうのいいなあ。
まあアンドゥーと紗央付き合ってないし、その辺はケレスさんにでも余裕で置き換えられるような気が。まんま踏襲したいわけじゃなくて、雰囲気がそんな感じってだけだし。
一週間を使って恋愛の始まりから描くのってキリがいい気がするけど変な感じもします。連載には三年くらいかかってるっていうんだから、やっぱりそういうものなのかもしれない。
ああ、瑤子さん弓道似合いそう。理央は気色悪い。
化物語の続きを見て、ひたぎさんは何であんなにもデレデレしてるのか、こっちがデレデレしてしまいました。


聖櫃戦争を書く合間にご近所書いたり理央書いたりしてるけどどれも終わる気がしない。
聖櫃戦争は慎吾がおかんぽくなってきたのでちょっと楽しい。
うちの父上は一人で青森まで釣りに出かけました。やっぱり高速使って行ったらしい。お土産にままどおるを頼んだ私です。馬鹿かお前はといわれました。


聖櫃戦争のアンドゥーと理央も妄想しがいがありそうです。聖職者だけど歴史家、瑤子さんも交えてキャンパスライフしてくれないかなあ。

「おめでとー! 出世したね、監督者に選ばれるなんて!」
「いえ、俺もどうして自分が選ばれたのかぴんと来なくて」
「そりゃあやっぱり実績と将来の有望さでしょ。お供には理央くん?」
「一応そのつもりで頼んでみるつもりです」
「理央くんいなくなると私の仕事大打撃なんだよねー……。考え直して?」
「大打撃って僕に始末書全部任せてるだけじゃないですか瑤子さん! 安藤さん、聞く耳持たなくていいですからね!」
「はあ、……ああ、そうだ鈴城君、話が」
「聞いてました。お供させていただきますよ、他人の泥かぶらなくてすみますし」
「ひっどーい!! か弱い女の子を本の海に放り込んで二人だけで歴史的イベント楽しむなんてー!」

誰が誰だかわからなくなってきたので終わります。
クトゥルフ理解できるといいなあ。クトゥルフ神話って創作なのに、さも当然ある神話のように解説されてるから、「あれ? 旧支配者ってマジでいるの?」って気分になってきます。
カタカナ長すぎwww タイタス・クロウは伊藤健太郎だと思ってればいいんですね。やっぱりクトゥグァが音としても炎の精ってとこも好きかも。アトラック=ナチャも単なる技の名前じゃないのねww
つーかそもそもアーカムシティってww と思います。北欧神話とクトゥルフ神話はある程度知ってるだけでいろんなゲームとか漫画とか楽しめそうですね。引用される頻度はギリシャより多いのかも。北欧神話なんて音が綺麗だからよく引っ張られるよね。
聖櫃戦争は北欧神話でよかったです。クトゥルフとかカオスですよね。大和が大いなるクトゥルフで海底のルルイエでうんたらかんたらとか書く気にならん。ていうか一応彼も人なので! 声的にはタイタス・k(略)


スポンサーサイト

2009.09.16(Wed) | しゃべり隊 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://hechima1222.blog88.fc2.com/tb.php/542-018af30a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。