プロフィール

軽石へちま

Author:軽石へちま
基本自キャラで凄まじく妄想してみる。
隠れ家なのでBLとか黒とか暗とか主。
キャラ崩壊必至。何とも思わないけども。
妄想についてこれる人だけどうぞ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

ちょwww

ひだまりスケッチおもろいなあ、何気に。
そんな私はそろそろアニメヴァルキュリアのDVDをレンタルすべきかどうか迷い始めました。
特別休暇のエピソードとかが、アニメで、……そんなの超見たい。
恒例のプレイ日記ですが、やっと要塞のスイッチ3つ起動させました。あんなヒヤヒヤするなら早くオーダー使っておけばよかった。ちゃんとやったら地雷原もきっちり支援兵で除去できたし、榴弾砲に脅かされることもなかったし。榴弾砲はナジアルのが怖かったです。あとはウェルキンとアリシアが隊のみんなとはぐれたときのステージ。サーチライトがあんなにも怖いなんて思わなかったよ……。
次はセルベリア戦なんですが、「ん? セルベリアやっつけんの? じゃあ対戦車兵いらないなあ、突撃兵多めにしておこう」と思って配置したら余裕で重戦車とか中戦車とか駆逐戦車までいやがるwwwwww
それでも一応ひとつ拠点取って、戦い方はなんとなくわかったので電源を切る。狙撃兵欲しいけどあいつら弾当たるとすぐ死んじゃうんだよなあ……。
回避できないよう背後取れって無茶な! 私マップ両側にある敵拠点はどっちかひとつしかとらない主義なの!(何)
「今度は人として、戦士としてお前たちと戦う!」って言うけどさ、セルベリア。あんなすごい銃持ってたら相手がお前じゃなくても敵わんわ。


じゃあ至貴くんと琴也で地味に仲良くしてほしいなと思うよ!
ストッパーはいないと話にならない……。(笑)
無能な王子及び国王の下で働かせてしまって本当に申し訳ない。
瑶子さんとタっくんの昔話も書いてみたいなあ。どっかに挿入するつもりではいるんだけど。
タっくんは国が正常に機能してればそれでいい人。即位してからもその路線を実行してるに過ぎない、と思ってる。
自分の国が何やってるか知らないうちは、何かに備えて戦車とか武器とかのメンテナンスをするのが一番いいことだと思ってるけど、わかったからには動かざるを得ない。先代が隠居して大和が次の王になっても、ダメな王の教育を受けてる大和はやっぱりダメな王様にしかならないだろうと思ってるし。
瑶子さんはそういう考え方が全く理解できない。タっくんが何を知って豹変したのか知らないっていうのも勿論ある。
ローテブルクで要君に会って、要君がシュヴァルツシルト出身ならその辺の細かい事情を聞いて、やっとタっくんにも取りあえずの筋があることを理解すればいい。それでも、その理由があっても許せることと許せないことがある。だからあくまでも瑶子さんはローテブルクの軍人で、国を守るのは勿論だけどタっくんを止めてあげたい気持ちもあると思う。で、結局、「これだからお勉強の足りない奴は嫌いなのよ! 理央王子を少しは見習って欲しいくらい!!」とか言い出すんだろう。


最初は私もスターシステムのつもりで考え始めるんだけど、舞台によって考え方がまるで変わってくるので、同じキャラとも思えないっていうか。本当は全部別キャラでもいいくらいなんだけど、それは面倒だし、記号として名前を同じにしてるだけみたいな。聖櫃戦争の大和は近代戦パロのタっくんがそのままできそうです。でもタっくんなら悪魔を腕に封印したりしてそのまま悪役転身しそうなもんです。どっかの地獄先生みたいですが悪役で。
「国ぃ? はぁ? んなモン知ったこっちゃねぇな、勝手に滅びろ」とか言い出しそうです。
しょうもない話としては、タっくんと瑶子さんをお互い紹介する理央と紗央とか書きたい。

瑶子:「わー、なぁんか想像してた通りの人だねー。ええっと、紗央ちん、お名前は?」
紗央:「え、えっと、……さ、桜井っ、たく、み」
瑶子:「じゃ、おにーさんで」
理央:(いや何がどう「じゃ」なのか理解できない)

下手に名前で呼ぶと紗央のことだから要らぬ嫉妬をするだろうという瑶子さんの判断です。
でもって、タっくんが「この中にいると見劣りして見えるなあ、瑶子」とか言い、流石の紗央と理央も((え、ちょ、女性にそれ言う? 言っちゃう?))とか思ってるんだけど、瑶子さんは、
「そうなんだよねー。紗央ちん綺麗だしー、理央くんは照井瑶子史上稀に見るイケメンだし!!」
とか言い出し、((こいつ動じてねぇ……!!))と紗央と理央に思われてればいい。
2人で飲みに行って互いに潰してやろうと思うんだけど引き分けとかだといい。悪知恵で酔いつぶれた振りして帰れば理央がいつもより優しくなるかも、とか行ってタっくんにおぶってもらって帰る。
酔ってる振りしてかわいこぶってみたりする。理央もなんかいつもより可愛いなあこの人、とか思ってる。
でも「……ま、酔ってる人に手出すのは人としてどうかと思うし」とか言ったら酔ってるはずの瑶子さんが「つまんないー!!」とか言って以下略です。
理央と瑶子さんに英語の絵本とか読み聞かせしてもらってる小さい琴也とか考えると可愛いなあと思います。



どうでもいいですがタっくんは不可抗力で和歌の知識はあったりするといい。中学高校の勉強方面はさっぱり忘れたけど、家で叩き込まれたことは抜けなかったらしい。
たまにNHKとかで出てきた和歌とか見てコメントして、紗央がものっそい不思議そうな顔で見ればいい。
ちょっと失敗したな、とか思いつつ、「お前、和歌の一首や二首知らねぇと警官失格なんだぞ」とか言う。「日本人たるもの、詠めるくらいがちょうどいいに決まってんだろ」とか言う。
大和は古今集が好きな設定ですがタっくんはどっちかってーと万葉集だなあ。でも大和は大学では軍記物専門。
古今集が好きなのは私です。手ごろな現代訳の本が欲しいんだけど古今集はなかなか見かけません。
これは百人一首だけど、崇徳天皇の「瀬をはやみ」の句がなんとなくタっくんと紗央だなと思う次第です。
大和は花言葉好きです。変なところがロマンチストでキザったらしい。
椿の花言葉は「我が運命は君の掌中にあり」だっけ? 他にもいろいろあるけど、これだけあまりにもDQNなのでインパクトが強い。


琴也のところはインテリ系教育、真紘は奔放に育てられてそうだけど、どうしてああなったんだか。
育て方を間違えなければ琴也なんてきっと眼鏡と神谷ボイスの似合うインテリ君に育っただろうに。惜しい。
よし、もう寝る。コピペ眺めすぎた。

スポンサーサイト

2010.01.22(Fri) | しゃべり隊 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://hechima1222.blog88.fc2.com/tb.php/693-10ddc00a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。