プロフィール

軽石へちま

Author:軽石へちま
基本自キャラで凄まじく妄想してみる。
隠れ家なのでBLとか黒とか暗とか主。
キャラ崩壊必至。何とも思わないけども。
妄想についてこれる人だけどうぞ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

さむい ねむい

日曜バイト休みなんて久々です。来週も休みとってますが。


琴也と一緒にクラス委員やってる子を考えてみた。奈央タイプで、奈央よりずっと内気で大人しい子。髪型も高校時代の奈央よりちょっと短いくらいで、天文部所属。ちょっとエンドゥーも絡めようかと思ったけど時間軸的に無理なので(笑)独立して考えてます。
真紘と琴也は小学校別々で、中学は一緒だったけど同じクラスにならなくて、高校三年間同じクラス。
琴也と女子クラス委員の子は中学高校と六年間同じクラス。六年間一緒にクラス委員。琴也は成長してなさそうだから、中学の時も入学してすぐ「クラス委員って目立ちますか」と先生に聞いてそうだ。
塩見織夏という名前をつけてみた。夏織という名前を見て可愛いなあと思ったのでそのままひっくり返しました。
織夏はきっと中一の頃からずうっと琴也に片想いとかでいいと思う。入学式の翌日の登校途中とかで外国人に道聞かれてしどろもどろになってるところを助けられたとかな。その上「あれ、隣の席の塩見サンだよねー」とかちゃんと覚えてたりする。鈴城と塩見なら席が隣同士もありえるだろう。
で、琴也が委員に立候補したから織夏も頑張ってみる。
琴也はフリーダムな人なので、教科書忘れても自然に隣の女子に「見せてー」って言える。
織夏は性格的に言えなくて、英語の教科書たまたま忘れてどうしようっていう時には琴也がまるごと貸してくれる。
「だいじょーぶ、俺英語のテキストだけは丸暗記した!」とか言うので織夏がびっくりしてると音読指名されて、本当にそらで言えたりしてな。発音まで完璧。


そんな感じで毎年一緒にクラス委員やって仲良いけど琴也にとっては眼中にないっていう。普通に女の子に告白されたり自分からしてみたり付き合ったり別れたりしてる。委員の仕事あるけど、「ごめん織夏! 俺今日放課後デートなんだっ」とか言われる女の子とかすごく可哀想。琴也は大体誰に対しても下の名前呼び捨てというイメージ。
真紘はそんな織夏を見て、なんとなーく不憫だなあと思ってりゃいい。
織夏はきっとライブもちゃんと毎回聴いてるよ。最前列できゃあきゃあ言ったりはしないけど、すみっこの方でちゃんと聞いてる。忍耐力もあるし、典型的な大和撫子タイプで考えてる。
ライブの日は部室のドアに差し入れの袋引っ掛けて帰る。毎回あるんだけど琴也は誰のご好意かわかってないといい。
「この贈り主ぜってー俺に惚れてるよな! いやー、こんな美味い差し入れ作れる子なら俺本気で惚れるかもー」とか言ってればいい。差し入れは手作りのコッペパンに手作りのあんことマーガリンはさんだ奴。明らかに琴也向け。


中学の頃も琴也と同じ高校行けるように勉強して、大学も同じ学部に進むと思います。鈴城くんのお母さんの授業受けてみたいし、とか思ってる。
瑶子さんはその頃教授とかになってそうです。普通の講義のほかにゼミも持ってるし、外書購読も持ってそう。スパルタぽい!
琴也はそうやって今まで眼中になかったような地味な子が、地道に地道に頑張ってたり自分のこと好きでいてくれたり、自分のこと支えてくれてたりって分かった瞬間に一気に傾きそうです。いきなりフィルターがかかったみたいに可愛く見えて仕方なくなるんじゃなかろうか。
まあしかしそれもいつの話だよみたいなー。その間も琴也は普通にバンド活動するし女の子とも付き合うし、可哀想だなあ織夏。


というような話を書きたいです。想像するのが楽しいです。
明日は休みなので妹とカラオケにでも行きます。妹は朝から検定試験らしい。大変だなあ。

スポンサーサイト

2010.02.07(Sun) | しゃべり隊 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://hechima1222.blog88.fc2.com/tb.php/713-c46429dc
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。