プロフィール

軽石へちま

Author:軽石へちま
基本自キャラで凄まじく妄想してみる。
隠れ家なのでBLとか黒とか暗とか主。
キャラ崩壊必至。何とも思わないけども。
妄想についてこれる人だけどうぞ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

星を追いかける双子



「……何で紗央がいんだよ」
「いいじゃない、別に」

 とある休日の昼下がり。自宅でキリのいいところまで仕事を終わらせてから、理央奈央の部屋に向かう。
 ドアが開いて、第一声はそれだった。いつもは奈央がドア開けてくれんのに、何でか今日は紗央だったから。紗央がいるのは珍しいことじゃないけど、紗央が玄関まで来るのは珍しい。だから何か変だなあと思った。

「合鍵とか持ってないの? 勝手に入ってくればよかったのに」
「俺そんなの貰ってないし。双子いる時にしか来ないから」
「あら可哀想にー。あたしは貰ってるわよ? 合鍵。まあ家族みたいなもんだからかしら?」

 う、それ聞くと何か複雑かも。理央と奈央がいなきゃ俺はこのマンションに来ることはないし、毎日帰りが遅いから、二人がいない時間に来るなんてこともない。それでも紗央と同じくらい俺は双子と仲良いと思ってるんだけど、二人からすればそうじゃないってことなのか!? 
 俺がそんなことを考えているのも紗央にはお見通しらしい。俺を馬鹿にするみたいに笑うと、冗談よ、と続けた。

「あたしは何かとキッチン借りること多いからね。オーブンとか部屋にないし。かと言って、あの喫茶店のは使えないし。だから持ってるだけよ」
「お前それで俺からかって面白いかよ……。結構マジで複雑になるんだからな!」
「しっ、黙って」

 紗央は人差し指を立てて、声を荒げるなと俺に指示する。料理中ってだけなら別にそこまで声を気にすることはないと思うんだけど、ちゃんと料理してる奴にとっては邪魔ってことか? 結局双子は出かけてるかでいないんだろうし、うーん。

「ていうか、二人いないなら俺帰るけど? 紗央の邪魔しちゃ悪いし」
「は? 何言ってんの。いるわよ」
「え? お前しかいないから紗央がドア開けたんだろ?」

 そんな話をしながら、マンションの一室にしては長い廊下を歩き、リビングに出る。
 白い部屋いっぱいに明るい陽射し。その光景で、俺は一気に納得した。
 
「起こすの悪いかなー、って思うじゃない」
「確かに」

 双子がカーペットの床にうつ伏せに寝そべって眠っている。
 理央の白いシャツと、奈央の白いワンピースが部屋の白さに溶け込んでいて、顔を向かい合わせて眠っている二人は、なんだか幻想的な感じさえした。
 二人のすぐ近くには大きなパズルが完成間近で置いてあった。綺麗な星空の絵だ。

「パズル買ってみたのー、ってこの前奈央言ってたのよねー。何ピース、って聞いたら2000とか言うから。あの子パズルとか苦手でしょ?」
「苦手だな。100ピースで知恵熱出しそうなくらい苦戦する」
「理央と朝から挑戦して疲れたんでしょ、多分。結構頭使うしね、小さいピースのパズルって」

 それなら、俺も呼んでくれたっていいのに。
 ちょっとは思う。別にパズルやりたいわけじゃなくて、理央と奈央と、一緒の時間を過ごしたかったな、と思うだけ。それはきっと紗央も一緒だ。

「奈央のことだから完成させて飾ったとこ俺らに見せたかったんだろうな」
「理央と作ったの、とか言ってね」
「絶対理央口挟むよな、95%は俺がやった、って」
「余計なこと言いたがるから。ほんっとガキよね」

 紗央が呆れたように笑う。俺も同じ顔をしているんだと思う。
 奈央はいつも可愛いけど、こういう時理央もすげー可愛いなと思ってしまう。さすが双子だ。二卵性は似ないって言うけど、理央奈央の場合似通ってるとこかなりあると思うんだよな。
 
「紗央、こいつら起きるまでに甘いもん作ってよ。起きたらティータイムといこう」
「そうねー、起きたら同じ顔で驚くわよ」
「その後みんなでパズル完成させちゃる!」

 了解、と紗央がキッチンで行動を始めたので、俺はソファの近くに置いてあったブランケットを持って来て、双子にそっとかけてやる。風圧でせっかくできあがりかけたパズルが崩れないように、そっと。
 たまにはこんな二人の世話すんのも悪くないなあ、なんて思いながら。






可愛い双子が好きです。
でも上手く書けません。
クール気取ってる理央も、何だかんだで奈央とじゃれてるうちに二人とも疲れて寝ちゃうとかいうのにものすごく萌えます。(自キャラでも)
こいつらはハムスター的だと思うのでくっついて寝てるのが異様に似合うんだと思います。

でもってそんな双子に振り回される空なり要君なりが好きです。
特に空は、双子が空の部屋に押しかけて、急に雨が降ってお泊り会とか。
空はベッドだけども折り畳み式だと思うので、来客用の布団二組敷いて川の字。
空真ん中で、双子に挟まれる感じでもって、双子はどっちも空の方向いてるからなんとなく緊張してしまう空。
奈央相手に緊張するのはもちろんだけど、理央も寝顔は綺麗っていうか紗央にそっくりだったりして不覚にもドキドキしてしまったりしてるとツボる。
要君は動じないからな! やたら懐かれてるといいなあ。楽しそうに三人で食事とか絵的に可愛い。

スポンサーサイト

2007.12.31(Mon) | Title | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://hechima1222.blog88.fc2.com/tb.php/79-f1707cc8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。