プロフィール

軽石へちま

Author:軽石へちま
基本自キャラで凄まじく妄想してみる。
隠れ家なのでBLとか黒とか暗とか主。
キャラ崩壊必至。何とも思わないけども。
妄想についてこれる人だけどうぞ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

擬似親子再考
秋臼さんがせっかく書いてくれたので、いろんなことを考えてみた。


ケレスさんとタっくんの違いは、自分が父親だって思ってるかどうかなんだよな。
樹理と炎而くんの境遇にそれぞれ違いはあるけど、一番大きいところって親代わりふたりの意思なんだと思う。
ケレスさんにとって樹理はあくまでも他人の子だし、父親になる気もなければそう思わせる気もない。この状況が異常なんだって理解してるけど、樹理の境遇が単に仕方ないと割り切ることができないものだってのもわかってる。だからケレスさんをシュタゲルートに放り込もうとするとあんまり上手い想像ができないんだ……。ケレスさんが行動の主眼においてくれてる樹理は「その世界」での樹理であって、そのほかの状態であるなら自分が介入する必要はないと思ってる。なので自発的に世界をやり直すことに意義は感じられない。

ここまで打ってて子供の境遇の違いはでかすぎるだろと思い至るwww
だが放っておくwww
樹理は流風だけでも生きてれば守ってくれる人はいるけど、炎而くんはお母さんのところに戻ってもその外側から疎ましがられている。タっくんが炎而くんを守ろうとするのはそこも大きいよな。炎而くんの存在を望んでいる場所になってやりたいっていう気持ちがある。


まあ、なのでタっくんが目指すハッピーエンドは文句なしに未来話本筋でいいわけです。
風哉君生きてるから殺されたりする危険もなく育って、椿と婚約して、追々家も継ぐことになって、安泰。
タっくんも炎而くんがちゃんと成人するのがわかるし、紗央とも再会できて、いつも生まれるみのりの前に真紘ってイレギュラーもあって、みのりもいて、まあ幸せだ。タっくんはこのエンディングにたどり着くまで、炎而くんと年規模で会ってなかったりしただろうから、多分男の子めっちゃ欲しかったんじゃないかと思う。そりゃ真紘可愛がられるわけだわ。


本筋でも流風が頑張るからいいんだが、ケレスさんサイドのハッピーエンドはお母ちゃんも生きて日本に来るとこだと思ってる。どうやったらそうなるか知らんが。
樹理は流風と二人でいてもケレスさんと二人でいる時と同じようなこと悩んでる。まずは流風と見た目のつながりが薄いことに悩んでて、あとは流風が父親だって公言してくれないことに悩んでる。自分要らない子だと思ってる。流風がカミングアウトしないのはケレスさんに対する後ろめたさっていうかなんていうかそんな感じでなかなか言い出せないだけなので、核心を突かれるところはちょっと見たい気もする。


ローラたんとケレスさん初対面のところがみたい。
ローラたんにとってケレスさんは神様。間違いなく神様。
流風と出会わせてくれたのも、樹理と出会わせてくれたのも、全部ケレスさんのおかげ。
流風がローラたんと樹理連れて帰国して、ローラたんの希望で真っ先にケレスさんとこ挨拶に行って、そしたら普段超人見知りする樹理がすぐ懐いたりしたら俺得。
このルートの流風は喫煙者。赤マルユーザー。なので「ルカとおんなじ匂いがする!」ってローラたんが騒いだらいいなって思ってる。


死んだ後っていうか直後っていうか最中の流風を考えるのが楽しいです。
バトロワで死ぬよりも、こんなところで死ぬ方が流風は絶対悔しい。
樹理のために大和とか慎吾殺せるし、状況によってはケレスさん殺す覚悟だってできるようになった子が、これから、って時に死ぬのはすごく絶望的だと思う。


まあいいや。そろそろ寝ます。
スポンサーサイト

2012.05.09(Wed) | しゃべり隊 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://hechima1222.blog88.fc2.com/tb.php/913-fc2ee5a9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。