プロフィール

軽石へちま

Author:軽石へちま
基本自キャラで凄まじく妄想してみる。
隠れ家なのでBLとか黒とか暗とか主。
キャラ崩壊必至。何とも思わないけども。
妄想についてこれる人だけどうぞ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |


リベリオンのツバキとヤマトの話を書きたいのでメモだけしておく。

・ツバキのお父さんが行方不明
・お母さんがショックで心神喪失状態、ツバキが虐待される
・ツバキが10歳の誕生日の日(春生まれ)に、楽にしてやるために母親を殺す
・孤児院送り、親殺しの厄介者で疎まれる
・その年の冬にヤマト(14歳)が孤児院にたまたまやって来て、ツバキを引き取る

ツバキは自分が召使いにされると思ってヤマトについていく。養子というのは建前だって思ってる。
でもヤマトはガチで子供が欲しい。なのでツバキに娘として自分と接するよう強く言いつける。
それでも最初はお父様なんて呼べないからヤマト様って呼んでただろうし、どこにも居場所のなかった自分を助けてくれた、ちょっと年上の男なんてツバキにとっては憧れとか感謝もあるけど恋愛感情も抱ける相手なわけで。
恋愛感情についてはルミの存在がフラグばっきばきにしてくれるから問題はない。
拾ってもらって、フラグ折られて、その後はどうでもいいので、あとはヤマトとルミが死ぬところさえ書ければ。


リベリオンのツバキは何があっても心折れないし、それが最大の強みなんだけど、ヤマトが死んだらこの子どうなるのかなとはちょっと思う。折れないんだけど、きっと折れないままゆっくり壊れていくんだろうなあとか。
その上エンジ君もいなくなったらどうしようもねえよなあとか。
そのギリギリで駆けつけてくれるのがツヅキ君だったら私は心底ほっとするし、ルカも一緒になって支えてくれたらちょっとずつ持ち直すのかも。
ツバキにとってはもう二人とも手放せない存在で、どうにもならない胸の内を全部聞いてあげるのがルカだったらいい。「お前らはほんとに馬鹿だな」ってルカに言わせたい。なんだかんだでリベリオンのルカはかなり大人だと思うんだよな。


あーだめだ、もうねむい。ねる。

スポンサーサイト

2013.08.20(Tue) | 未分類 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://hechima1222.blog88.fc2.com/tb.php/986-910bc33c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。